ご予約・お問い合わせ

ホットヨガって何??

ホットヨガって何??

ホットヨガって暑いの?

「ホットヨガ」と聞くと、暑い部屋でヨガをするとイメージされる方が多いかと思います。
ズバリ!そのとおりです。

実際の部屋の温度は、39度前後。
湿度は、55%から65%に保ちます。

暑いです。じめっとしています。
でも、この状況の中でヨガをすると、いろいろなメリットがあるのです。

まず、だいたいの人は、20度から25度程度が快適と感じます。でも、この快適な状況では、筋肉は普段のままです。しかし、39度前後の中ですと、筋肉の柔軟性が高まるのです。つまり、いつもより身体がやわらかくほぐれるのです。普段、身体が固い人でも、「あれ?痛くない。いつもより柔らかいかも。」となるわけです。すると、いつものヨガより楽しくなるわけです。

もちろん、暑いですけどね。

身体が固い人が無理に柔軟をすると、筋肉を傷めたりします。けれど、ホットヨガでは、筋繊維に負担をかけずに伸ばすことができるので、筋肉を損傷したりしません。

また、湿度も高めですので、たくさんの汗をかきます。湿度が低いと、すぐに汗が蒸発してしまいます。肌も乾燥します。南国にいくと暑いけど、汗が流れない…みたいな感じです。
この温度も湿度も高めな部屋でヨガをすると、おどろくほど大量の汗をかきます。でも、ヨガ中に水分をとってはいけないわけではなく、逆にたくさんの水分を摂取すると身体の水分が循環されて、身体の中に溜まっている老廃物が排出されます。代謝もよくなり、冷え症も改善。むくみもとれ、肩こりも解消したりします。お肌の調子も良くなります。

もちろん、じめっと…は通り越して、汗びっしょりです。

更に、ホットヨガでは、ポーズごとに腹式呼吸と胸式呼吸を使い分けています。つまり、お腹で呼吸したり、胸で呼吸したりするのです。これにより、カロリーの消費も高まります。呼吸は精神との関係が密接です。深い呼吸をすることにより、精神状態をリラックスさせてくれますので、ホットヨガの後は、気分もすっきりします。

ホットヨガは、倦怠感や睡眠不足を解消し、免疫力も高まります。続けることで心身ともに健康的になり、身体も引き締まり、美しいスタイルも手に入れることが可能です。

暑いのが苦手…だったり、身体が固いから…と敬遠せずに、一度体験してみてください。身体も心もリフレッシュできること間違いなしのホットヨガです。

_女性01

このページの先頭へ
(C) 2020 sundara.