ご予約・お問い合わせ

ヨガとストレッチの違いって?

ヨガとストレッチの違いって?

ヨガは優れた健康法として、今世界中で注目されています。
ヨガスタジオも増えてきました。
ヨガを習ってるという方もよく聞きます。
運動量が多いものからリラックスを重視したものまでヨガの種類は実に様々です。

ところでみなさん、ヨガとストレッチの違いってご存知ですか?
そう聞かれると答えられない人って意外に多いのではないでしょうか。
実は違いがないようで実際は結構異なる部分があるのです。
では、大きな違いは一体どこにあるのでしょうか。

目標が柔軟だけならストレッチでも全然大丈夫なのです。
膝裏や太ももをのばすだけでも、毎日行うことで確実に足は柔らかくなります。
また、少しずつ足の開きを広げることを毎日やっていくとスムーズに開脚ができるようになります。
日々の積み重ねできちんと柔らかくなっていくのです。

同じことはヨガでも言えます。しかし、決定的な違いはヨガは筋を伸ばすだけでなく、関節を様々な方向に動かし、体を柔らかくしていくのです。
ストレッチだけでは鍛えられない体感も鍛えられるため、体のバランスがよくなります。またヨガといえば呼吸法ですよね。
深い呼吸をすることが大事です。
胸いっぱいに息を吸い込みゆっくりと吐き出します。これに合わせて体を動かしていきます。
そしてもう一つ。
ヨガといえば瞑想もありますね。
リラックスした状態にするために行います。
呼吸を深く深くし、その呼吸に合わせて瞑想をします。
この時間に体を動かしたりはしません。
足を組んだ状態で座って行うか、仰向けになってします。

ヨガは腰痛や肩こりの方にも効果があります。
食欲がない方など内臓系の働きもよくなります。
また呼吸法が体をあたため、心身のバランスを整えてくれます。
リラックス効果バツグンです。
普段から運動不足だと感じてる方や、肩こりや腰痛がある人は、ヨガのように体幹を鍛えながら体を柔らかくすることをオススメします。
また普段から体がつりやすかったり、体が固いと感じている方は、ストレッチでも想像以上に効果を発揮します。日々筋を伸ばすだけでこれらのお悩みは解消できます。

ストレッチは自宅で気軽にできる分、ヨガはスタジオに足を運ばなければいけない場合があったり、マットを用意しなければいけなかったり手間な部分もありますが、
体が何を必要としているのか、体に問いかけ、それに合わせてストレッチやヨガを取り入れてみてくださいね。

150522_景色24

sundara スタッフ

このページの先頭へ
(C) 2020 sundara.