ご予約・お問い合わせ

穏やかでちゃんとした考えでちょうどいい行動を🌟

穏やかでちゃんとした考えでちょうどいい行動を🌟

皆さんこんにちは!yukariです。

 

先日、アーユルヴェーダについて学ぶ4時間のワークショップに参加してきました✨

 

 

 

 

アーユルヴェーダでは、この地球上のあらゆるものは、大きく分けて、土、水、火、風、空間

 

の、5つの属性に分類されるそうで、ヒトもこれらを元に、土と水のカファ水と火のピッタ風と空間のヴァータと、3つのタイプの体質に分けられるそうです。

 

個人的に面白いと思ったのは、食べ物もこの属性に分けられるというおはなしでした😌

 

例えば、唐辛子は火の属性で、火は上にのぼるから、ヒトも頭に火がのぼると、カーーッ😡としますよね?だから、カッとしやすい人は辛いものは控えた方がいいよ。とか、

 

 

ポテトチップスとかパリパリさくさくしたものは空気を多く含んでるから、落ち着きのない人(風って動いてますよね、つまりはヴァータタイプの人)は、控えた方がいいよ。とか、

 

 

あとは、消化することと、ヒトの目は、同じ火に属性するから、食べてる時はテレビを見ないでね。そうしないと食べたものが消化されにくくなるからね。とか、

 

 

目からウロコの情報が盛りだくさんで、聞けば聞くほどもっと知りたくなって、4時間ではとてもじゃないけど足りませんでした〜

 

 

 

前半2時間は上記のような講義を聞いて、

 

後半2時間は、先ほどの3つのタイプのバランスを整えるヨガをしました✨

 

 

カファのバランスを整えるために

ダイナミックに動く立位のポーズ

 

ピッタのバランスを整えるために

ねじりやストレス系の座位のポーズ

 

ヴァータのバランスを整えるには

リラックス系の仰向のポーズ

 

 

全て終わった頃には汗だくになって、スッキリ🌟

 

 

 

グルジ(先生)曰く、動きすぎも動かなすぎも、考えすぎも考えなさすぎもよくなくて、何事もバランスが大事なのだそう🍀

 

 

穏やかでちゃんとした考えでちょうどいい行動をとる

 

 

これが幸せに生きるヒケツなのだそうです😊🌻

 

 

 

ところで、私この日初めて知ったのですが、

 

アーユル(健康的な長い人生)ヴェーダ(知識)

という意味なんですって❣️

 

ヨガでは、生きることは、知識の進化を表していて、その知識の進化のために長く生きよう!

 

ってことで、ヨガの本場インドでは、幼い頃からアーユルヴェーダを学ぶのだそうです。

 

そんな頃から自分の身体と心をコントロールする術を学べるなんて、羨ましい〜‼️

 

 

私自身、ヨガを続けて8年、まだまだですが、ヨガのおかげで、だいぶ自分のことが分かってきて、そして少しは自分をコントロール出来るようにもなってきて、そしたら生きるのがものすごく楽になりました🌸

 

 

なので、ヨガを通じて、そんな楽チンに生きる人を増やすべく、インストラクターとして、これからも精進していきたいと思いますので、宜しくお願い致します😌❤️

 

 

yukari

 

 

このページの先頭へ
(C) 2020 sundara.