ご予約・お問い合わせ

ヨガマットを選ぶ

ヨガマットを選ぶ

「ヨガをはじめよう!」となったら、まずは、「ヨガマット」の購入です。ですが、「今から始める」ヨガですから、どんなマットを選んだら良いか…悩みどころですね。そんなあなたに、ヨガマット種類から、選び方までをご紹介します。

ヨガマットのサイズは、長さ173cm×幅61cmの物が一般的です。これよりも長いもの、幅が広いものも販売されています。男性の方やゆったり使いたい方は、大きめをお選びになるようです。サイズのうちで重要なのは、マット厚みです。薄いと持ち運びが楽ですが、厚いほうがクッション性があり、使い心地が良いようです。2種類購入して、外出先で使用する用と自宅用と使い分ける方も多いようです。

素材については、いろんな種類のものが販売されています。
スタンダードなものだと、PVC(ポリ塩化ビニル)素材のものが多く出回っています。こちらのマットは、グリップ力は大変優れていますので、床からズレたりする心配はありません。しかし、科学合成化合物なので、独特のにおいがあります。また、水洗いができないので、汚れた場合は、薄くした中性食器洗い洗剤をタオルにつけて、固く絞って拭いたり、ヨガマット専用スプレーで拭いたりします。価格的には、お安い方なので、とりあえずの最初の一枚にはお薦めです。
また、最近では、焼却しても有害物質を発しない等特徴を兼ね備えた環境に優しいエコマットも多く出回っています。
エコマットの主流は、PER(ポリマー環境樹脂)素材のものです。使い心地は、PVCと変わりはないのですが、少し重いのが玉にきずです。ですが、においが少なく、水洗いもできます。また、TPE(熱可塑性エラスマー)素材のものは、ゴムのにおいが少なくて、とても軽く、水洗いも可能です。ただ、熱に弱いので、熱い場所での利用はお薦めできません。同等の使用感で、熱に強いEVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)もあります。
また、天然ゴムでできたものや麻や畳でできたものもあります。

選び方としては、まずは、予算。そして、サイズ、手触り感、におい、重さ、滑りにくさ、水洗いできるかどうか、などをポイントに自分の好みの色や柄のマットをお選びください。ヨガウエア同様に、ヨガマットのブランドも多数ございます。お好きなブランドがあるようでしたら、まずは、ブランドからお選びいただいても構いません。その中から、自分の好みにあったヨガマット選んで、レッツエンジョイ♪ヨガタイム

150504_ポーズ03

 

sundara スタッフ

 

このページの先頭へ
(C) 2020 sundara.